2019年07月13日

お悩み別 発声練習を習慣にする方法➁ 「練習する時間がない」

「忙しくて発声練習する時間がとれない」という場合、

どうすればいいでしょうか。


次の2つの方針が効果的です。

1つは、「隙間時間に練習する」。

もう1つは、「ふだんの生活を発声トレーニングにする」。


発声トレーニングは、数分程度の隙間時間でも、練習できます。

たとえ3分間程度の時間でも、「何もしない」よりずっとましです。

短時間でもほぼ毎日練習するようになれば、

「毎日練習しないと、気持ち悪いような、落ち着かない」状態になっていきます。

そうなったら、自然と練習する時間も増えていきますよ。


さらに「ふだん声を出す時も、トレーニングにしよう」と意識すれば、

「日常生活が発声トレーニング」になります。


一日ずっと声のことを意識するのは難しくても、

「電話に出る時」「挨拶をする時」など「第一声を出す」タイミングで

「喉を開けてから、声を出す」のも、たいへん効果的です。


他にも、

「誰かに話しかける時は必ず、声を相手のところから出し始める」と意識すれば、

一日に何回もトレーニングができますね。


「隙間時間に練習」と「ふだんの会話もトレーニングにする」、

この2つを意識してみましょう。
posted by ヴォーチェ at 23:56| Comment(0) | 上達のコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント