2018年07月11日

こんな悩みが解消できるレッスンですB 若い頃よりも声が出にくくなってきた

お悩みB 「若い頃と比べて年々声が出にくくなってきました。もう歳だから仕方ないのでしょうね」


たしかに、何もしなければ、声は年々衰えていきます。

歳を重ねるとともに発声器官も老化するからです。

それにともなって、「声が震える」「うわずる」「裏返る」「音高が低くなる」といった

「老け声の症状」が進行していきます。


ですが、老け声は、発声トレーニングで予防、改善ができます。

発声トレーニングをすることで、


・ 発声器官を鍛える

・ 発声技術を身に着ける


この2つの方向から、老け声に対処することができます。


その結果、声が出やすくなったり、

発声テクニックで老け声の症状を抑えることができ、

いつまでも若々しい良い声で話せるようになる、というわけです。


筋肉トレと同じく、発声器官はトレーニングで一生鍛えることができます。

何歳からでも声を良くすることはできますから、希望を持って取り組みましょう。




180621_105506.jpg

受講者さんからお花をいただきました。素敵なお花をありがとうございます。
posted by ヴォーチェ at 11:04| Comment(0) | レッスンに関心のある方へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月11日

こんな悩みが解消できるレッスンですA アガるとまともな声が出なくなってしまう

お悩みA 「人前で話す時など、アガるとまともな声が出なくなってしまいます。

トレーニングで改善できるでしょうか」


もちろん改善できます。


アガるとまともな声が出なくなるのは、

お腹の中にある「横隔膜」が上がってしまうためです。


横隔膜は、息を吸う時に使う器官で、横隔膜が上がると、吸った息が抜けてしまったり、

呼吸が浅くなってしまいます。


その結果、息が苦しくなり喉が詰まり、声が震えたり、うわずったり、裏返ったりと、

まともな声が出なくなってしまいます。


いったんこうなってしまうと、発声トレーニングをしていない人はもうリカバリーできません。

ますますアガって、頭の中は真っ白、話はグダグダになって終わってしまいます。


この悪循環を断ち切り、救い出してくれるのが共鳴発声法です。

共鳴発声法を身に着けると、横隔膜がすぐに上にあがらないように抑えを効かせながら

話せるようになります。

どんな時でも、しっかりした声が出せるようになる、というわけです。


たとえアガっても「まともな声」で話せると、

自信を持って人前で話せるようになりますよ。


* * *


●声と話し方の悩みを解消するレッスン

第1,3火曜日 13:00〜14:30


●人前で堂々と話せるレッスン

第1,3水曜日 19:15〜20:45


会場:JEUGIAカルチャーセンターイオンモール新潟南

料金、申込方法等、詳しくはこちらをご覧ください。
http://wsi-net.org/voce/fee.html
posted by ヴォーチェ at 14:10| Comment(0) | レッスンで実現できること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月30日

こんな悩みが解消できるレッスンです@ 「通る声」「大きな声」が出せない

お悩み@ 「話していてよく聞き返されたり、『もっと大きな声を出して』と言われます。

『通る声』『大きな声』を出せるようになりたいです」


「声の悩み」の中で最も多いのは、

「声が通らない」「大きな声が出ない」という悩みです。

通る声(相手に届く声)が出せないと、仕事での評価も下がりがちでしょう。


職場で「もっと大きい声を出して」と指示された場合、問題は声が通るか、通らないか、です。

「通る声」と「大声」は違うので、がんばって大声を張り上げても、

ダメ出しが続くばかりか喉を痛めてしまいます。


通る声を出すには「発声技術」が要るので、気合や根性で張り上げても逆効果です。

痛々しい、苦しい感じの声になるでしょう?


「通る声」を出せるようになりたいなら、

「共鳴を集め、腹圧を一定に保って声を飛ばすテクニック」を身につけましょう。


「通る声」は、共鳴発声法のトレーニングで、必ずマスターできます。

「楽に、しかも良い声で、通る声が出せる」ようになりますよ。


* * *


●声と話し方の悩みを解消するレッスン

第1,3火曜日 13:00〜14:30


●人前で堂々と話せるレッスン

第1,3水曜日 19:15〜20:45


会場:JEUGIAカルチャーセンターイオンモール新潟南

料金、申込方法等、詳しくはこちらをご覧ください。
http://wsi-net.org/voce/fee.html
posted by ヴォーチェ at 16:37| Comment(0) | レッスンで実現できること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。


昨年はたいへんお世話になりました。


受講者のみなさんがますます良い声で話せるように

さらに効果的なレッスンをおこなっていきます。


今年もよろしくお願いします。



P1050187.jpg
posted by ヴォーチェ at 15:07| Comment(0) | 発声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月30日

「声と話し方の悩みを解消するレッスン」を開講します

今日は新しい講座のお知らせです。


「声美人レッスン」をリニューアルして、

「声と話し方の悩みを解消する ボイストレーニング話し方教室」として開講します。

スタートは来年4月から。

時間や会場、受講料は今まで通りです。


リニューアルの理由は、

「何のためにレッスンに通い、トレーニングをするのか」が

より明確でわかりやすいレッスンにするためです。


「何のためにレッスンに通い、トレーニングをしているか」が明確だと、

モチベーションを維持しやすくなり、

その結果、発声や話し方のトレーニングの成果が出やすくなります。


みなさんが確実に「声や話し方の悩みを解消」できるように、

レッスン内容だけでなく、トレーニングメニューもパワーアップさせます。


「声と話し方の悩みを解消するレッスン」では、具体的にどんな悩みが解消できるのか。

これから説明していきますね。
posted by ヴォーチェ at 11:34| Comment(0) | レッスンで実現できること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

今回の発声トレーニングのコツ

今月から、「アクセントが上がる時の、正しい声の出し方」を練習していますね。

「喉を使わずに、ドからミの高さに上がる」練習です。


「おはようございます」の「お」から「は」に移る時など、

声の高さが上がる箇所で、喉を使わないで上がれるようになると、

良い声で話したり歌うことができるのでした。


喉を使うと、「キツい言い方」「気が強そう」「余裕がない」という印象を与えてしまったり、

聞き心地のよくない残念な声になってしまいます。


発声トレーニングをしていない人には到底できない声の出し方ですから、

ぜひとも身につけていきましょう。


次回のレッスンまで間が空くので、練習するときの注意点を3つ、お伝えしておきますね。



@ 「前から」出していますか 


「喉を使わないように」「喉に力を入れないように」と気をつけているうちに、

口元から出す声になりがちです。

どんな時でも、声は前から出し始め、前へ送り続けましょう。



A 力まず楽に出す


声を前から出そうとする時もそうですが、声は頑張って出そうとすると

力みが入ってうまくいきません。


力んだり、エイッと気合いを入れるのではなく、リラックスして、体も心も楽にして出すと

うまくできるようになりますよ。


良い声を出すには、力みを入れないことが大事なのでしたね。

力みに気づいていったん体を緩めても、またつい力みが入ってしまいがちですが、大丈夫。

がっかりせず、当たり前のように

「力みが入ってしまったら、また、抜く」を延々と繰り返しましょう。

その積み重ねで、少しずつ良い体の使い方ができるようになっていきます。



B ゆっくりでいいので、ていねいに、正確に


今練習している声の出し方は、今までしてきた「音の上がり方」とは、かなり違う感覚でしょう。

難しく感じるかもしれませんが、レッスンで練習したやり方、注意点を守って練習すれば、

少しずつできるようになっていきます。

数ヶ月かけてできるようになるつもりで、ていねいに、ていねいに、練習しましょう。

それだけの価値のある「技」が身につきますよ。
posted by ヴォーチェ at 17:18| Comment(0) | 発声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

次のレッスンまで間が空くときは

もうじき12月ですね。

お仕事が忙しくなったり、風邪を引いたりで、

この時期はレッスンを休む方が多いようです。


もし、次のレッスンまで間があいてしまっても大丈夫。

まずはお仕事や体調を良くすることに専念しましょう。


そして、すきま時間でも、細々とでもいいので(風邪の方は喉の調子が良くなってから)

発声練習をしましょう。


「練習を全くしない」と「細々とでも練習」では、大違いです。

ゼロは積み重ねてもゼロ、ほんの少しのプラスでも積み重ねれば大きなプラスになります。


寒い時期、良い声を出すために意識したいのが、「体をほぐす」です。


寒いと体に力みが入ったり、姿勢が悪くなりやすく、

そのために喉が詰まったり、声が出にくくなってしまいがち。


肩や首、胸や背中などの上半身をほぐしてから発声練習をすると、

いきなり練習するよりも、調子が出やすいですよ。


そして、一つだけしかできない時は、「喉開け」をしましょう。

「喉開け」そして同時に「声を前から出す」を忘れずに。

さらに、「自分の声の出し方の課題、改善点」も意識できたら、最高です。


「間が空いて、このところ声の調子が良くないかも」と感じても、

次のレッスンで調律すれば大丈夫。

それまであせらず、リラックスして練習しましょう。
posted by ヴォーチェ at 17:26| Comment(0) | 発声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

「人前で堂々と話せる人」になる方法A

前回の記事で、

「人前で堂々と話せるレッスンでは、アガりにくくなる技術を身につけることができます」

というお話をしました。


レッスンでは「アガりにくくなる技術」の他にも、

「良い声で話す技術」や「相手に伝わる話し方」も身につけていきます。


「アガりにくくなる技術を身につけさえすれば大丈夫」ではないからです。


堂々とした様子で自信満々にスピーチしていても、良い話し方ができているとは限りません。


耳に痛い、聞き心地の悪い声を出していたり、

話が長すぎたり、何を言いたいのかわからない話し方をしているとしたら、

聞き手にストレスを与えてしまいます。

そんな話し手になりたくないですよね。


聞き手に心地よく届く声や、すんなり伝わる話し方を身につければ、

「話を喜んで聞いてもらえる人」になれます。


聞き手が喜んで熱心に聞いてくれると、

心からリラックスして話せるようになれますよ。
posted by ヴォーチェ at 11:19| Comment(0) | レッスンで実現できること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

「人前で堂々と話せる人」になる方法

「人前で堂々と話せるボイストレーニング話し方教室」が効果的なのは、

なぜでしょうか。

その理由は、「レッスン内容」にあります。


1つが、「アガり対策」のレッスン。


・ アガってもしっかりした声で、落ち着いて話せる声の出し方

・「リラックスできる」「堂々として見える」姿勢や立ち方、視線、話し方、呼吸法

・ アガって声がおかしくなっても、リカバリーする方法

・ 「リラックスして話せようになる」思考法

・ 「人前で話す緊張に慣れる」ためのスピーチ発表


このようなトレーニングを繰り返することで、

「リラックスして、自信を持って堂々と話せる人」になっていきます。
posted by ヴォーチェ at 17:56| Comment(0) | 人前で堂々と話せるレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

もっとも多い話し方の悩みとは

これまで様々な生徒さんを指導してきましたが、

ほとんどの方が挙げられる「悩み」は、

「人前だとアガってうまく話せなくなる」。


通い始めた動機として挙げる方もいれば、

「よく聞き返される」などの声の悩みが改善されてきた頃に

「実は、人前で話すのが苦手なのも、何とかしたいんです」と話してくれる方も。


「人前で話す機会はほとんどなくなったけれど、『人前で話すのが苦手な自分』を変えたい」

という方もいらっしゃいます。


それは当然なのかもしれません。

「たいていの人にとって、人前で話す時に受けるストレスは、

人間が感じるストレスの中でも最高レベル」なんです。

「配偶者の死」と同じくらいストレスを受けるのだそう。


「職場やPTAでスピーチの指名が来そう」とビクビクしないで済んだらどんなに楽でしょう。

「人前でアガっておかしくなってしまう自分」から、「人前で堂々と話せる自分」に変われたら、

どんなに自信がつくことでしょう。


そのためのレッスンが「人前で堂々と話せるレッスン」です。
posted by ヴォーチェ at 08:03| Comment(0) | レッスンで実現できること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする